ストレスチェック義務化の功罪

subpage01

厚生労働省を中心に事業所に対するストレスチェックの義務化が定められました。
うつなどのストレス性疾患の罹患者がふえ、社会的に問題になっているという点は多くの人が認識しているところで、そういったことへの対応として国主導でストレスチェックが義務化された点は労働者にとって喜ばしい事態であるといえます。特にストレス性疾患に苦しむ人にとっては自分の状態を事業所に理解してもらいやすい状況が生まれたということができますので、その人その人にあった業務の振り分け、配置転換がなされるという労働環境の改善にもつながる有意義な法改正だということができるでしょう。

事実、質問紙法などにより多くの事業所でストレスチェックが実施され始めていますが、労働者からは好評であるケースが多いようです。

ストレスチェックに関する詳細はこちらです。

その一方、ストレスチェックを実施するということは新たな業務であるということもいえます。

多くの事業所においては人事部門や福利厚生担当部門がその仕事を引き受けていますが、新たな仕事を始めるということは精神的負担になるケースが多く、そのためにストレス性疾患に罹患するケースもゼロではありません。



ストレスチェックを実施するためにストレスでやられてしまうというケースもあるということです。


国の側としては事業所に負担にならないように新しい業務を実施できるよう、ガイドライン等の整備を行うことが必要不可欠だといえます。



事業所側もそれを求めているところです。