ストレスチェックの重要性

subpage01

職場においては、精神的疾患で仕事ができなくなる、あるいは休職してしまうなどのトラブルが多発しています。

業務の多様性、量の増加、難易度の増加がその背景にあります。


こういった現代社会においては、ストレスマネジメントが非常に重要になります。


個々人がストレスに対処するほか、職場や事業所の側でも労働者がストレスマネジメントできるように配慮することが求められます。

そういったなか、法整備がすすめられたのがストレスチェックの実施義務化です。

これだけは知っておきたいストレスチェック情報サイトについて考えます。

現状、ストレスチェックは健康診断の際に同時に実施されるケースが多くなっています。



質問紙方式によって労働者個々人が自分のストレス状態をチェックし、それを医師が確認することでストレス状態を確認し、本人にフィードバックします。

質問に答えることを通じて、労働者自身も自分の状態を確認できますし、医師の側としても紙の回答をもとにじっくりと労働者のストレス状況を確認できると好評です。


また、質問紙方式のストレスチェックは費用面でも格安ですので、事業所としても導入しやすく、多くの事業所が採用する理由はこの点にあるといえます。

労働者が減少する社会が到来していますので、うまくストレスとつきあい、多くの労働者が元気に働けることが理想的だといえます。



こういったストレスチェックは今後も継続して実施されることが非常に望ましく、ストレスチェックの状況を学術的に研究することも重要だといえるでしょう。