ストレスチェック制度とは何か

subpage1

2015年の12月から、従業員が50人以上いる職場はストレスチェックを行うことが義務化されました。
うつなどのメンタル的な疾患を抱えたまま勤務を続けるせいで症状が悪化してしまい、求職に追い込まれている労働者が多いことと、いったん精神的な疾患で休職した従業員は再び職場に復帰するまでに時間がかかってしまうという理由からです。

ストレスチェックに関する情報をまとめました。

会社にとってもこれまで育成してきた労働力を損失することになりかねませんし、労働者側も休職中の生活のことや無事に復帰できるかという問題は気がかりであるはずです。


ストレスチェックでメンタルの疾患を初期段階で発見しておけば、治療が必要でも通院しながら仕事を続けるという選択を出来る可能性が高まります。


そしてストレスチェックを行った結果を事業者側が把握することで職場のストレス原因を突き止め、職場のストレス環境を改善することが可能になります。



職場環境が改善されれば従業員がストレスにさらされることが減るのでモチベーションを維持しやすくなり、仕事の質も向上するようになるでしょう。


検査などを通して高ストレスだと判定された人のアフターフォローを行うのも、このストレスチェック制度の目的です。

医師による面談などをした方がいいと進めることで、これ以上症状が悪化しないように働きかけることができます。

医師への面談などは任意ですから、この制度がきっかけで従業員が不利益をこうむらないようにという配慮も行わられているのです。



いまどきのストレスチェック

subpage2

ストレスこそ健康を阻害する大きな要因になってしまいます。あまり大きな要因と考えられていない時代がありましたが、今では市民権を得ている健康の大敵になっていますので、この処理方法を考えることが大切です。...

next

ストレスチェックの知っておきたい情報

subpage3

厚生労働省を中心に事業所に対するストレスチェックの義務化が定められました。うつなどのストレス性疾患の罹患者がふえ、社会的に問題になっているという点は多くの人が認識しているところで、そういったことへの対応として国主導でストレスチェックが義務化された点は労働者にとって喜ばしい事態であるといえます。...

next

ストレスチェックの知りたい情報

subpage4

ストレス社会である現代では、上手にストレスを解消することが個人に求められます。自分の体調管理をすることはもちろんのこと、精神面もコントロールできるようにならないといけなくなりました。...

next

17から学ぶストレスチェック

subpage5

職場においては、精神的疾患で仕事ができなくなる、あるいは休職してしまうなどのトラブルが多発しています。業務の多様性、量の増加、難易度の増加がその背景にあります。...

next