ストレスチェックで自己管理

subpage01

ストレス社会である現代では、上手にストレスを解消することが個人に求められます。

お手軽さが魅力のストレスチェック情報サイトの利用価値をご存知ですか。

自分の体調管理をすることはもちろんのこと、精神面もコントロールできるようにならないといけなくなりました。
「うつ病」という言葉が世間に認識されるようになってきたこともあり、ストレスチェックをして心のケアをするという部分の大切さが重要視されています。



実際に、自分自身がどれほどのストレスを感じているかというのは数値では表すことができないので、今現在の自分の体に表れている症状からストレスチェックをしていきましょう。
ストレスを受けると人の体は緊張状態になり、血管が収縮し、鼓動が早く脈打ちます。
人前で何かを発言する時などの状態です。
この状態が長く続いてしまうと、頭痛・吐き気・めまい・不眠・食欲減退などの症状が表れてきます。こういった症状が出ているのであれば、ストレスを強く感じていると言えます。


日々の生活でこれらの症状が出ること自体は問題ではないのですが、不調が緩和されないことに焦りを感じたり、疲れが抜けずに日常生活に支障が出てきたりすると、どんどんストレスが溜まっていってしまうことになります。

体調の変化を感じたらストレスチェックをしてみましょう。


頭痛が長引くのであれば、どのタイミングから始まったのかを考えてみて、今後、頭痛の起きやすい場面になった時の自分なりの対処の仕方を見つける努力が必要です。



悪い状態を長引かせないように心掛けましょう。